マンションの大規模修繕を行おう|計画的に行ない資産価値を維持する

電力使用量を抑える

ビル

電力を一番使用する時期に電気使用量を節約する取り組みをデマンドコントロールと呼び、これによって節電を行なうことが出来ます。そこでデマンドコントロールを行なう際に一工夫することで得られるメリットについて、具体的にどのような要因があるか調べていきます。 近年は冷暖房を使用しなくても自然の力を利用したものがあり、それらを利用することによって電気使用量を減らすことが出来ます。特に人の出入りが多い企業や会社などでこの対策を行なうことで、比較的高い効果を得ることが出来ます。なのでこうした商品を使用することによって、エアコンの使用回数や電気使用量を減らせるようになります。よってこうした自然の力を利用した商品を使用することで、デマンドコントロールに対して大きな貢献をすることが出来るメリットが得られます。

電力会社では夏の7月から8月の時期が一番電気量が増えるため、デマンドコントロールという協力を要請しています。そこで具体的に電力会社が行なっている取り組みとして、どのようなことが行なわれているか紹介します。 行なっているデマンドコントロールの取り組みとして、オフィスビルでの節電を呼び掛けていることがあります。具体的には会社の営業時間外のエレベーターの使用を控えることによって、電気使用量を安くすることが出来ます。こうした取り組みを行なうことによって通常よりも電気使用量を安く出来るため、多くの企業や会社が協力をしています。またこの取り組みや夏の時期以外でも出来る取り組みのため、1年中協力をしている企業もあるのが特徴となります。

RECOMMEND POST

ビル

点検で排出量を確認

フロン機器を使用する企業では、定期的に点検を行なうことが義務づけられています。自社で行なう場合は、簡易的、または定期的に実施しましょう。機器を廃棄する際は、必要な手続きを行なうことを忘れないように気をつけましょう。

工事現場

野外で使用可能な照明

作業灯には様々な種類があるので、使用する目的や場所に合わせて選ぶことが大事です。基本的にはコード式かコードレス式か選ぶことができます。工事現場や災害時には、コードレス式を携帯していると便利です。

つみき

優良な業者はサイトで検索

アパートの修繕を初めて行うオーナーにとっては、何から準備するのかわからないことばかりでしょう。そんな時は、優良が業者を紹介してくれる、専門サイトを利用すると問題が解決します。費用や見積もりの相談も可能で便利です。

Copyright© 2017 マンションの大規模修繕を行おう|計画的に行ない資産価値を維持する All Rights Reserved.