マンションの大規模修繕を行おう|計画的に行ない資産価値を維持する

点検が必要

積み木

2016年4月に施行された改正フロン法により決定した内容により、新たに事業所に対して義務化された事項があります。それは業務用空調機器や冷凍機器の点検であり、第一種特定製品にあるフロンガスを使用しているものです。改正フロン法では、フロンガスの排出制限を抑制し、地球資源を守るようことを第一に考えられています。そうしたことから、改正フロン法に合わせた点検を行なう必要があり、専門業者に問合せて対応する必要があるでしょう。これは店舗も事務所も関係なく必要になることなので、法律を守って安全な運営を進めていくことが大切です。

改正フロン法に合わせた点検は、業務用空調機器や冷凍機器などが対象になり、自社で行なうことは難しいです。そのため、知識と技術を持ちあわせた専門業者の利用が必要です。また、各メーカーで機器の仕様が異なるため、対応メーカーの確認をした上で点検を受けることが重要です。このあたりは申込前に確認をしておきましょう。
また、点検サービスは改正フロン法に合わせたメニューと基本メニュー、さらにオプションメニューが存在します。ですから、絶対的に必要な改正フロン法の簡易点検と定期点検を軸に必要なものを選んでおくことも大切です。このあたりは詳しい作業内容とスケジュールを確認した上で専門業者へ予約すると良いでしょう。細かく点検してもらうことにより、業務用空調機器や冷凍機器を安全使用して省エネ化にも繋がるので費用をかけて依頼するメリットは大きいです。

RECOMMEND POST

ビル

点検で排出量を確認

フロン機器を使用する企業では、定期的に点検を行なうことが義務づけられています。自社で行なう場合は、簡易的、または定期的に実施しましょう。機器を廃棄する際は、必要な手続きを行なうことを忘れないように気をつけましょう。

工事現場

野外で使用可能な照明

作業灯には様々な種類があるので、使用する目的や場所に合わせて選ぶことが大事です。基本的にはコード式かコードレス式か選ぶことができます。工事現場や災害時には、コードレス式を携帯していると便利です。

つみき

優良な業者はサイトで検索

アパートの修繕を初めて行うオーナーにとっては、何から準備するのかわからないことばかりでしょう。そんな時は、優良が業者を紹介してくれる、専門サイトを利用すると問題が解決します。費用や見積もりの相談も可能で便利です。

Copyright© 2017 マンションの大規模修繕を行おう|計画的に行ない資産価値を維持する All Rights Reserved.