マンションの大規模修繕を行おう|計画的に行ない資産価値を維持する

点検で排出量を確認

ビル

フロン機器といっても、世の中には様々な製品があります。これらフロン機器を扱うメーカーや企業は、使用する際や廃棄する際には、きちんとした手続きを行なわなければなりません。これらは、フロン回収破壊法に基づいて決められているので、自社または専門業者に依頼を行ない正しく取り組みましょう。

フロンガスは地球温暖化の原因となっているので、使用の際は排出量が規定値を超えていないか、点検を行ないルールを守ることが大事です。点検は簡易的、または定期的に行ない管理を徹底しましょう。機器を点検する場合は、まず対象となっている商品のリストアップから行ないましょう。フロンが発生する機器全てが点検の対象となるので、日ごろから機器に関するデータ管理を行なっておけば、いざという時にスムーズに確認することができます。

簡易的に機器の点検を行なう場合は、4半期に1回以上行なうことが義務づけられています。また、定期的な点検になると、1年または3年に1回のペースで行なうことを忘れずにいましょう。点検を行なう際は、必ず記録を残し管理しておきましょう。専用の記録簿を作成し、整備の内容や点検した機器の製品名や種類、関係する数値など細かな部分に至るまで記録をとっておきましょう。

点検を行なって、もしもフロンの漏えいが確認された場合、専門業者に依頼して再度漏えいの点検作業を行なってもらいましょう。漏えいしている箇所の特定や、数値を確認し速やかに処置を行ないましょう。修理しないまま放置しておくと罰則の対象となりうるので十分に気をつけましょう。

RECOMMEND POST

ビル

点検で排出量を確認

フロン機器を使用する企業では、定期的に点検を行なうことが義務づけられています。自社で行なう場合は、簡易的、または定期的に実施しましょう。機器を廃棄する際は、必要な手続きを行なうことを忘れないように気をつけましょう。

工事現場

野外で使用可能な照明

作業灯には様々な種類があるので、使用する目的や場所に合わせて選ぶことが大事です。基本的にはコード式かコードレス式か選ぶことができます。工事現場や災害時には、コードレス式を携帯していると便利です。

つみき

優良な業者はサイトで検索

アパートの修繕を初めて行うオーナーにとっては、何から準備するのかわからないことばかりでしょう。そんな時は、優良が業者を紹介してくれる、専門サイトを利用すると問題が解決します。費用や見積もりの相談も可能で便利です。

Copyright© 2017 マンションの大規模修繕を行おう|計画的に行ない資産価値を維持する All Rights Reserved.