マンションの大規模修繕を行おう|計画的に行ない資産価値を維持する

使用量を知る

模型

デマンドコントロール利用について

デマンドコントロールとは、どういった仕組みをとっているのでしょうか。 これは、電気料金のうち基本料金を抑えるためのもので、それによって結果的に電気の使用量を抑えることにつながり、省エネを進めることが期待できます。 デマンドコントロールにより、電気の使用量が事前に決めた値を超えた場合にお知らせするまたは、ある系統への電気供給を抑えることが出来ます。お知らせが来ましたら、ご自身で必要でない電気機器を止めるなどの措置をすることが出来ます。また、自動でエアコン等の出力を抑える設定を事前にしておくことで電気量を抑えることも出来ます。 電気料金のうち、基本料金は、過去1年間に最も高い電気使用量であった時間の値を利用しますので、このような仕組は有効でしょう。

利用者が増えている理由

前述しましたとおり、デマンドコントロールによって電気基本料金を抑えることが出来るため、この仕組みは利用者が増えているようです。 デマンドコントロールを導入する際は、費用負担が発生しますが、最高の電気使用料を事前にコントロールして低く抑えることが出来れば、その費用を上回る効果を出すことも出来るようです。 デマンドコントロールをつけていない場合は、その時間の電気使用量が分からないことが多く、思いがけず基本料金が上がってしまうおそれがあります。その点、このコントローラーをつけた場合は、使用量が上がった時点で連絡が来るため、それから対策を立てることが出来ます。 これが、この仕組みの最大の特徴であろうかと思われます。

RECOMMEND POST

ビル

点検で排出量を確認

フロン機器を使用する企業では、定期的に点検を行なうことが義務づけられています。自社で行なう場合は、簡易的、または定期的に実施しましょう。機器を廃棄する際は、必要な手続きを行なうことを忘れないように気をつけましょう。

工事現場

野外で使用可能な照明

作業灯には様々な種類があるので、使用する目的や場所に合わせて選ぶことが大事です。基本的にはコード式かコードレス式か選ぶことができます。工事現場や災害時には、コードレス式を携帯していると便利です。

つみき

優良な業者はサイトで検索

アパートの修繕を初めて行うオーナーにとっては、何から準備するのかわからないことばかりでしょう。そんな時は、優良が業者を紹介してくれる、専門サイトを利用すると問題が解決します。費用や見積もりの相談も可能で便利です。

Copyright© 2017 マンションの大規模修繕を行おう|計画的に行ない資産価値を維持する All Rights Reserved.