マンションの大規模修繕を行おう|計画的に行ない資産価値を維持する

目安と注意点

つみき

マンション大規模修繕をするタイミング

東京でマンションを所有している場合はいずれマンション大規模修繕をしなければなりません。マンション大規模修繕をする場面は、長年の使用により、あちこちで補修箇所が出てきたり、大きな地震が起きたりする場合に建物にヒビが入ったりした場合です。 マンション大規模修繕をすることによって、マンションの強度を高めることができる点や、水漏れやひび割れを防ぐことができます。それ以外にもバリアフリー工事をする必要がある場合も考えられますし、駐輪場を整備したい場合にも良いでしょう。一見それほど重要でなさそうな場面が多いですが、そういった細かいところを修繕することで住民が安心して暮らすことができ、例え賃貸に出しても入居者が集まりやすくなるのです。

注意点について知っておこう

マンション大規模修繕を東京でする場合、以上のようにメリットがたくさんあります。その反面注意をしなければならない点もありますので知っておきましょう。 まず、修理をする場合には管理組合が修理する部分と、区分所有者、つまりそのマンションの住人が修理する部分をはっきり分けておく必要があります。基本的に管理組合が補修するのは階段やエレベーター、入口などの共有部分のみになります。 また、管理会社の言いなりになってはいけないということです。管理会社はいついつまでに修繕をしたほうがいいというアドバイスをくれるかもしれませんが、その通りにする必要はありません。普通はマンション大規模修繕をする時は10年から15年サイクルで行なっています。

RECOMMEND POST

ビル

点検で排出量を確認

フロン機器を使用する企業では、定期的に点検を行なうことが義務づけられています。自社で行なう場合は、簡易的、または定期的に実施しましょう。機器を廃棄する際は、必要な手続きを行なうことを忘れないように気をつけましょう。

工事現場

野外で使用可能な照明

作業灯には様々な種類があるので、使用する目的や場所に合わせて選ぶことが大事です。基本的にはコード式かコードレス式か選ぶことができます。工事現場や災害時には、コードレス式を携帯していると便利です。

つみき

優良な業者はサイトで検索

アパートの修繕を初めて行うオーナーにとっては、何から準備するのかわからないことばかりでしょう。そんな時は、優良が業者を紹介してくれる、専門サイトを利用すると問題が解決します。費用や見積もりの相談も可能で便利です。

Copyright© 2017 マンションの大規模修繕を行おう|計画的に行ない資産価値を維持する All Rights Reserved.